1日1食のすゝめ!節約×ダイエット×健康維持でもっとスッキリ✨

SHARE

1日1食のすゝめ!節約×ダイエット×健康維持でもっとスッキリ✨

更新遅れ気味ですみません、ちょっと気合入れなおしますね。なちょ。です。

今日のサムネ

3月下旬から始まった人生初の一人暮らしもあっという間に3か月以上が過ぎました。

サークルとかバイトとかありがたくもいろんなことがあって「日常」とは?と考えることが多かったです。

そんな私も最近やっとルーティン的なものが決まってきました。

今日はその一つを取り上げたいと思います。

とくに意味はありませんが記事を数書くのも大事だと思うので紹介します笑

 

基本1日1食

ちなみに一食は夕食です。

これはたんに節約という目的のほかに健康面で非常に重要な意味があります。

1.腸を休める

私の母の家系は消化器系が弱く、どちらかというと便秘がちです。

ちなみに私は中1で盲腸になってます。
最強の痛みである陣痛は経験したことはありませんが、盲腸より痛いなんて耐えられる自信ないです・・・(-_-;)

少し前の記事でヨーグルトを大量に食べていることを話しましたが、あれは私にとって体のメンテナンスに不可欠なんです!

やっぱり腸内環境の整備には乳酸菌が最強です!!

なので朝にヨーグルトで乳酸菌を注入して、夜まで何も食べずにいるとなんとなくおなかがスッキリします。

胃腸が空っぽの状態を意識的に作ることで腸内を安定させてるんです。

2.糖尿病予防

こんどは私の父方の家系の問題。

遺伝的に糖尿病になりやすいんです。

糖尿病は血糖値が正常に下がらない病気ですよね。

高校の生物で習った記憶をたどりますと、血糖値を上げる機能は3つくらいあるのに下げる機能はひとつしか無いそうな。

インスリンだっけ?

神経だのホルモンだの頑張って覚えた記憶はありますが今となってはかけらも残ってないです笑

要は常にちょこちょこ何か食べて血糖値上がりっぱなしになるのがよくないんですよね。

一日一食にすると日中はおなかが空っぽなわけですから、血糖値が低くなる時間を強制的につくることができるんです。

予防法として合っているのかどうかは定かではありませんが、一人暮らしって好きなもの好きなだけ食べれちゃうので気付いたら甘いもの食べてるなんてあたりまえですからね~(^^;)

実家にいたときは常に麦茶飲んでた私が最近ではもっぱらメロンソーダ飲んでるんだからびっくりです。

3.摂取カロリーの管理が楽

私の場合18歳の女性なので一日の摂取カロリーは1800kcalくらいが理想なわけです。

3食食べるとすると一食あたり600kcalくらいになります。

 

すみません、無理です。笑

 

私の近所のお弁当屋さんののり弁は800kcalオーバーです。

毎回の食事に気を遣うより一日の終わりに何も気にせず好きなもの食べるほうがよくないですか?

一食で1800kcalは相当な量食べないと超えないのでダイエットにもおすすめです!

 

まとめ

いかがでしょうか?

一日一食ほんとにおすすめです!

一食しかないからこそ、その一食を本気で味わうことができます!

ちなみになぜ夕食にしているかというと、

ひとつは日中食べると授業中寝てしまうから。

もう一つは夜おなか空くと眠れないから。

この二つです。

満腹よりもちょっと空腹な方が長生きするって言いますしね!

今後もつづけていきたいと思います♪

-------------------------------------------------------------------
▽記事が「いいね!」と思ったら・・・!▽
よかったらポチっとお願いします→ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す