【比較】朝の洗顔不要をうたう商品3つを比較&レビュー✎(サボリーノvsエテュセvsビオレ)【レビュー】

SHARE

【比較】朝の洗顔不要をうたう商品3つを比較&レビュー✎(サボリーノvsエテュセvsビオレ)【レビュー】

朝ってなんであんなにダルいんですかね。なちょ。です。

去年あたりから「時短」というのが様々な美容グッズの中でテーマ化してきている気がします。
今回注目するのは「朝時短」
中でも朝の洗顔を省略しちゃおう!という画期的なアイテムがいろんなメーカーから出てるんですね~。
いやぁー、ありがたい!笑

・・・とはいえ、結局どれがいいんですか!!
てなわけで、比較してみたいと思います♪

 

サボリーノ 目覚まシート

fullsizerender_fotor

朝洗顔不要!と聞いてこちらの商品を思い浮かべた方も多いのではないでしょうか。
こちらの特徴はなんといってもるティッシュのようにするっとシートを取り出せることです。
他のシートマスクも全部これになったらいいのに。とマジで思いますw

含まれている液にピーリング効果があるのか、シートをはがした後の肌は古い角質が浮き上がってヌルッとする感じがします。
確かに洗顔は不要だ!と思いました。はがしたシートで全顔をふき取るととてもさっぱりします。

冬の朝は洗顔をしすぎると肌がつっぱる感じがあるんですが、こちらで拭き取ると保湿洗顔両方一気にできるので私は冬でも愛用しています。
ちょっとスーっとするので夏にもいいし、冬でも体が目覚める感じがするのが私はとても好きで、これを個人的に一番よく使っています♡

 

エテュセ ピーリングシート

fullsizerender-1_fotor

私はこの商品を電車の中の広告で知って、気になったので買ってみたのが使い始めたきっかけです。

こちらは生地に特徴があります。(写真参照↓)

img_1953

目の粗いところと細いところを2種類のゾーンが交互に配置されているのがわかりますか?
(若干わたしの汚い足が映っておりますがご容赦くだされw)
これで汚れがしっかりとれるんだと思います。
拭き取るといった感覚です。

ただちょっとお肌との摩擦がある気になるので肌に負担がかかっている印象があります。
こちらも洗顔なしで大丈夫だなと思いました。
ただ肌が弱いかたは気をつけた方がいいんじゃないかなぁと思いました。

 

ビオレ 素肌つるるんクレンジングウォーター

img_1912_fotor

こちらは先ほど紹介した2つとは違ってクレンジングウォーターになります。
「ウォーター」というところがポイントです!

こちらはこのブログでもの定番になりました私が大好きなYouTuber、関根理紗さんが動画で詳しく紹介しているのでそちらもこの記事の最後に載せておきますね♪

こちらはポンプ式なのですごく使いやすくてクレンジングとしても非常に優秀です。
毛穴がクリアになる気がします。
でもメイク落としたあと肌がつっぱる感じがしないんです!

私は朝急いでいる時これで全体を拭き取って髪を整えて家を飛び出す!という生活を送っていますw
早く起きればいいんですけどね。笑
これから寒くなったらますます起きれないなぁ。。。
起きれないのは私のせいじゃない!冬のせい!!笑

 

まとめ

3つの商品それぞれの特徴をまとめてみましたが、私が個人的に一番お勧めするのはサボリーノです!

ただ旅行とか外出先、ちょっと友達の家にお泊まりに行った時に持っていくのはエテュセが便利じゃないかなと思います。
大きさも手のひらに乗るサイズであまり場所も取らないし便利です。

そしてとにかくべたつきを取りたい!それからすぐに汚れを落としたい!さっと拭き取りたい!という時にはビオレがいいんじゃないかと思います。
クレンジングという名がついていますがクレンジングというよりはふき取り化粧水のような印象の方が私は強いです。

いずれもかなり朝の時短になると思います。
洗面台行って顔洗って・・・私ねー、濡れた顔の状態でタオルを探すあの数秒間が結構嫌いなんですよ!!
朝の洗顔を拭き取るだけで完了っていうのはすごいありがたい!
こういう寝坊魔にやさしい商品がもっと増えてほしいものですな!!(゚∀゚)

・・・ま、朝早く起きればいいんですが。笑

▽りささんの動画▽

▽Products▽
サボリーノ 目ざまシート(32枚入)
ettusais(エテュセ) ふきとりピーリング シート
ビオレ 素肌つるるんクレンジングウォーター 本体320ml

-------------------------------------------------------------------
▽記事が「いいね!」と思ったら・・・!▽
よかったらポチっとお願いします→ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す